株式会社kaettaraは、主に3つのサービスを展開しています。

  • 栃木ゆかりのみ
  • かえれる地元をつくるプロジェクト「MIKIRO(ミキロ)」
  • 社会課題に挑戦する人材研修プログラム「ソーシャルチャレンジャー」

栃木ゆかりのみ

栃木県にゆかりのある人たちが都内で集まって、栃木由来のものを食べて飲んでわいわいと語る場です。栃木に関わりたいけれどもキッカケがない人に向けて栃木県との関わるはじめのきっかけとして、イベントを開催しています。

2015年から開催し、これまで延べ1200人以上の栃木ゆかりの方々に参加いただきました。

2020年からはオンライン開催をはじめ栃木県内25市町をひとつずつ焦点を当てて実施。有志の自治体職員さんとともに企画してきました。現在24市町を開催し、1周を終えて2周目に突入中です。

また、海外在住の栃木県出身者たち向けの「栃木ゆかりのみオンライン海外編」を2020年10月から実施。ロサンゼルス在住の出身者と共に企画し、それが高じて海外事業部の設立に至っています。
「栃木から世界への挑戦を応援する」をコンセプトに、オンラインテストマーケティングの場を企画を2021年4月から開始。

 

栃木ゆかりのみホームページはこちら

 

かえれる地元をつくるプロジェクト「MIKIRO(ミキロ)」

「かえれる地元」とは、地元で多様な挑戦ができる仕事づくりだと考えています。それを目指して、自治体を入り口にして地域の課題解決へ向けた伴走支援型コンサルティング事業をしている私たちの活動を発信をしているwebメディアが「MIKIRO(ミキロ)」です。

栃木ゆかりのみを開催し、これまでたくさんのUターン希望者に出会いました。しかし様々な理由であきらめている人たちが多く、非常に悔しいと思っています。一歩一歩ですが、活動報告をこちらに行っていきます。

 

MIKIROサイトはこちら

 

社会課題に挑戦する人材研修プログラム「ソーシャルチャレンジャー」

首都圏企業の社員が、自社のナレッジを活用して社会課題や行政課題の解決に挑戦する人材研修プログラムです。

企業は優れたサービスや技術を持っていても、社会課題や地域資本を的確にとらえることができなければ、新しい時代に必要な価値や事業を生み出すことはできません。

まずは社会課題を解決する革新的な事業づくりをめざす首都圏の企業と、観光や食農、医療、交通、環境、エネルギーなど、様々なテーマを掲げる自治体をマッチングします。その後、一定期間その自治体職員や地域住民と連携し、社会課題や行政課題の解決に挑戦するプログラムを実施していきます。

地域の課題を理解したうえで地域住民とともにビジョンを描き、地域を良くするために歩み出すプロセスを大切にしています。これまでにないアプローチからの新しい事業の創造のため、課題の設定から企画・実行までをサポートし、企業と自治体の双方の課題解決につなげます。

ソーシャルチャレンジャー詳細ページはこちら